--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-12-05

舞台は夢 イリュージョン・コミック

闊槫床縺ッ螟「_convert_20081205005940
2008・12・4 pm7:00 at新国立劇場 1F15列20番 withしのさん


行ってきました。堤真一さんの舞台です。

端正なマスクであらためて‘色男だな~‘と見惚れてきました。

序盤のおどけた仕草が可愛らしかった。

田島令子さんも出ていて(オスカル・・・)と思って見てました。


舞台は円形で360°客席で面白い作りでした。

開演前の雰囲気が黒と紫がかった青が基調で所々にスポットが当たってて神秘的だった。

劇はフランス古典でちょっと小難しかったです。

やや哲学的。

台詞も長口上が多々あり、ツウ好み。

終盤のどんでん返しはうまくて感心しました。

作家のピエール・コルネイユさんは弁護士になったものの、口べたのあまり1回法廷に立っただけで辞職するというある意味つわもの。

何しろ350年も前に作られたお話です。


隣のビルの東京オペラシティの巨大クリスマスツリーも見事でした。


そしてそして。

この日しのさんがNEWSの新譜を下さいました

年末にコンサートに一緒に行くのです

さっそく聴きながらこれを書いてます

しのさん、ありがとうございました



スポンサーサイト

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

楽しかったです[e:415]

なにしろ堤真一さんが素敵でした。あと劇場の神秘的な感じが、とても心地良かったです。お話しも小難しかったですが、クスッと笑える部分もあったりして楽しかったです。チケットとってくれてありがとうございました(o*。_。)oペコリ

はい。楽しかったです♪

>しのさん
確かにサブタイトルが問題喜劇とあるだけに、ふふっとする場面がいくつもありましたね。
雰囲気も落ち着いててとてもリラックスして見れました。

↑こちらこそです。
こちらこそ、CDをありがとうございました。(*^_^*)

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。